観光・貸切バス

貸切バス運賃・料金の計算方法

1.運賃(時間制運賃+キロ制運賃)

2.料金 (交替運転者配置料金+深夜早朝運行料金 +特殊車両割増料金)

交替運転者配置料金
法令により、実車距離(乗車地点から降車予定地までの距離)が原則500km(午前2時から午前4時にかかる夜間運行の場合は原則400km)を超える場合又は運転時間が原則9時間を超える場合は、交替運転者の配置が必要となります。
交替運転者の配置が義務付けられる場合、及び、交代運転手の配置について運送申込者と合意した場合には、交替運転者配置料金の上限額及び下限額の範囲以内で計算した額が適用されます。
深夜早朝運行料金
22時以降翌朝5時までの間に点呼点検時間、走行時間(回送時間を含む)が含まれた場合、含まれた時間に係る「1時間あたりの運賃」及び「交替運転者配置料金の1時間あたりの料金」については、2割増以内の割増料金となります。
特殊車両割増料金
以下の車両については、運賃の5割以内の割増料金を適用することができます。
・標準的な装備を超える特殊な設備を有する車両
・「該当車両購入価格を座席定員で除した単価」が「標準的な車両購入価格を標準的な座席定員で除した価格」より70%以上高額である車両

3.実費

ガイド料、有料道路利用料、航送料、駐車料、乗務員宿泊料、その他を求めて、運送以外の経費が発生した場合は旅客の実費負担となります。

貸切バスの運賃・料金=運賃+料金+実費

※別途消費税が、かかります。